借金・女性芸能人

2013年11月14日

借金返済40億円・君島明、君島十和子夫妻江



君島明氏の父、君島一郎氏は、日本を代表するファッションデザイナーで、
ブランド「KIMIJIMA」は、社交界や上流階級に人気があり、日本では皇族の愛用者もいた。


ブランド「KIMIJIMA」はファッション雑誌にも度々とりあげられ、
女性の間で憧れのブランドの位置を確立した。


しかし1995年、女優の吉川十和子(君島十和子)さんと息子の明氏が婚約を発表したことで、
明氏が本妻の君島由希子さんの子供ではないことや、それにまつわるスキャンダル、
君島家の複雑な人間関係などが、日々マスコミをにぎわうことになります。


このマスコミ報道を機に、長年かけて築かれたブランド「KIMIJIMA」は、
一気に人気を落とし、その結果、全店閉店。


君島ブティックの各店は、軒並み売上ダウンし、経営は一気に悪化。
そんななか、1996.7.14、一郎氏は急死し、借金を相続することになります。
その後、借金返済が滞り、莫大な借金を残し倒産


借金問題が整理された後、君島十和子さんの化粧品と洋服ブランドが成功し、
今でもセレブチックなイメージがありますね。



君島明、君島十和子夫妻の借金は、なんか可哀想な気がします。
マスコミ報道結果でもあり、しかも借金の相続ですからね。


今後の活躍を期待しております。