借金・スポーツ選手

2013年11月16日

借金返済20億円・アントニオ猪木



スポーツ界の借金といえば、アントニオ猪木さんも有名です。
1943年生まれ、神奈川県横浜市出身の元ポロレスラー、現在は日本維新の会所属の参議院議員です。



アントニオ猪木さんの借金の原因は、ネタが豊富です。
多くの事業に手を出し、そのほとんどは失敗し借金を抱えています。
また1976年に行われたモハメド・アリ戦でも、借金65億円?を抱えたと言われています。


その他にもアントニオ猪木さんの周りには、いろいろな借金返済に関する話題があります。


1991年には、東京都知事選の出馬断念により、
借金17億円をチャラにしてもらったなどという話もあります。


最近では、北朝鮮訪問で何かと話題です。
忘れた頃に、アントニオ、
そんな感じがします。


そんな借金問題もなんのその、
アントニオ猪木さんには「燃える闘魂」で借金返済に勤しんでもらいましょう。 



それでは。


 
 

2013年11月13日

借金返済50億円・江川卓




スポーツ界の借金といえば、江川卓さんも世間を騒がせました。
1955年生まれ、福島県出身の元読売巨人軍のプロ野球選手です。


高校在学中からその才能は別格で、ノーヒットノーラン9回、完全試合2回、最多奪三振記録などの
数々の輝かしい記録を残しました。


その高校生とは思えない投球と耳の大きな顔が漫画「怪物くん」に似ていることから、
「怪物くん」「怪物江川」と呼ばれ、大きな注目を浴びていました。


その後、巨人に入団し活躍を続ける傍ら、借金生活人にありがちな、
株と不動産に手を出していくわけです。


プロ入り直後には、契約金をもとに土地を購入したものの、
納税のことを忘れていたため、資金繰りに行き詰まり、
購入した土地を手放したとか???


まさに、借金への鉄板のこーすですwww


現役時代から不動産投機に手を出し、
「投げる不動産王」と呼ばれていました。


最初のころはお決まりのバブルでウハウハ、
そしてバブルが弾け、全て飛び、手元には借金50億円。。。



今では野球解説者で借金返済しているのか、
はたまた借金完済したのか定かではありませんが、
50億円ですからね・・・


バブル時代、

結局、

儲けたままで逃げ切った方いるんですかね。








 
 

2013年11月12日

借金返済60億円・高橋由伸


スポーツ界の借金といえば、この人ですね。
1975年生まれ、千葉県千葉市中央区出身の読売ジャイアンツ所属のプロ野球選手。


高橋由伸さんは、もともとヤクルトスワローズに入団予定であった。
しかし、父親が経営する不動産会社が、借金で身動きがとれない状態であったため、
その借金を読売が肩代わりすることを条件に、巨人の逆指名に応じたそうだ。




のちに週刊誌でも話題になりましたよね。
週間文集によれば、


「高橋由伸は、60億円で巨人に強奪された!」


ヤクルトの大物スカウトである片岡氏が告白したそうです。



まあ私にとってはどうでもいい話ですが、
借金を肩代わりした、読売の懐具合の方が気になります。


渡辺オーナーの鶴の一声ですかね?
60億円すごいですね~~~。


それにしても不動産業界は、借金の金額が半端ないですね。
儲かればデカイが、失敗すればすべて失う世界なんですかね???



不動産業、こわすぎです。。。