借金・男性芸能人

2013年11月15日

借金返済23億円・加山雄三



俳優の借金といえば、加山雄三さんも世間では有名ですよね。
1937年生まれ、神奈川県横浜市生まれの俳優さんです。
父は俳優の上原謙さん、母は女優の小桜葉子。


加山雄三さんは、1960年代「若大将」で爆発的な人気をはくし、
ブロマイド(写真)は、女学生に爆発的な人気に。


借金のきっかけは、
1965年神奈川県茅ヶ崎市に「パシフィックホテル茅ヶ崎」を開業するも、
1970年倒産し、23億円の借金を抱えることになります。



その後、ナイトクラブ、キャバレーを回りながら借金返済を続けていたが、
活動の場をテレビに移すと、人気が爆発し借金も無事完済。
 

今でも、加山さんはテレビで活躍され続けているのですから、
その人気たるや、たいしたものですね。 


苦しい借金返済生活を経験しているのですから、
今後は安泰ですかね?


くれぐれも、副業にはお気を付けて・・・



 
 
借金返済28億円・藤田まこと



俳優の借金といえば、藤田まことさんも有名でしたね。
1933年生まれ、東京都豊島区出身の俳優さんです。


藤田まことさんといえば、必殺仕事人ですね~。
よく小さい頃、みてましたね。
大好きな番組の1つでした。


そんな馴染みの深い俳優さんだったので、
借金問題が世間で話題になった時は驚きました。



借金問題の原因は、よくあるバブル景気です。


藤田さんは、自らが保証人になって銀行から巨額の資金を借金し、
身内に料理店やブティック、さらに豪華な自宅を建築(10億以上)。


数年後バブル崩壊により資金調達が滞り、不動産、車、絵画などの資産を売却。
借金28億円を抱えるはめに・・・。



その後借金返済をすべく10年間、必死に仕事を頑張って完済。
さすが、「必殺仕事人」です。



2010.2.17、大動脈瘤破裂のため死去。
ご冥福をお祈りします。






 
 

2013年11月14日

借金返済35億円・さだまさし



音楽界の借金では、さだまさしさんも世間から注目されましたね。
1952年生まれ、長崎県長崎市出身のシンガーソングラーター、小説家です。


借金の原因は、さださん28歳のときにチャレンジした映画「長江」の制作費。
中国で映画を撮る夢を叶えるも、借入28億円、借金の金利7億円。


借金返済の金利だけで7億円ですよ???
すごいですね・・・。



30年かけて、借金35億円を返済したさださん。

日本武道館でソロ公演活動4000回達成振り返り、

借金が原動力になった。借金返済のために生きてきた。」

と語ったことは有名です。 



芸能人の借金のパターンの1つである、「映画監督」。
なんで芸能人の方、本業から離れて映画監督やりたがるんでしょうね?


凡人にはまったく理解できません。
本業でバリバリ稼げばいいのにね。

大体、映画がこけて借金する事例、
知っていると思うのだがやめられないんですかね。



でもしっかり全額を借金返済したんですから、


さださん、あっぱれ!


です。 



 
 

2013年11月13日

借金返済51億円・小林旭



男性芸能人の借金では、小林旭さんも有名ですよね。
1938年(昭和13年)生まれ、東京都世田谷区出身の俳優さんです。
あの美空ひばりさんと、戸籍上では入籍していなかったようですが、事実婚していたことでも有名です。 


また歌手としての活動も有名ですよね。
「昔の名前で出ています」などのヒット曲もあり、7回もの紅白主出場をはたしています。


バブル期には、志賀高原や沖縄でホテルを経営し、熱海にマリーナ、自家用ヘリなどを所有する大金持であった。


しかし30歳のころに、自身がゴルフ好きだったこともあり、
ゴルフ場開発事業に進出するが大失敗に終わり、多額の借金を負うことに。



その後、キャバレーまわりの地道な営業なども断らずうけ、また「熱き心に」などのヒット曲もうまれ、
2003年には借金完済したとのこと。 


借金51億円完済・・・


やはり芸能人、稼ぎが違うんですね。
私たちサラリーマンとは、住む世界が違う感じですね。


でも一度、金持ちを経験した方が、 
キャバレーまわりの営業なんてどんな心境でやってたんですかね?



正直、すごいな~と思います。
スターなプライド捨てられるんですからね。
尊敬しちゃいますね。



華やかな生活の裏、
借金ある生活、
表裏一体ですね。


 
 

2013年11月12日

借金返済2853億円・千昌夫


芸能界の借金といえば、やはりこの人だと思います。
1947年生まれの岩手県陸前高田市の出身の演歌歌手です。


代表歌は「星影のワルツ」が、1967年秋に大ヒットし、
翌年には紅白歌合戦にも出場しています。 


その後の曲も大ヒットが続き、1970年に仙台市に5万坪の土地を4千万円で購入。
東北新幹線の着工決定が決まり、購入した土地が十倍にも高騰したとか・・・。


これを機に不動産業に参入し、運良くバブル時代に突入。
歌手活動を休業し、不動産業に専念するほどの勢いになったほどです。


この時期、千昌夫さんは、


歌う不動産王」「ホテル王」「と呼ばてたそうです。


さすが、ば・ぶ・る・です・・・



1991年のバブル崩壊とともに借金が膨れ上がり、
2000年に不動産会社の経営破綻。


その借金のほとんどは旧長銀からの借入であり、
公的資金の投入のマックス3000億円を超えた借金は、1000億円までに圧縮。


2002年には、民事再生法により借金は1億5000万円までに減額。



千昌夫さんの場合、借金の桁が違いますね。
恐ろしいです・・・。


 さすが、借金王


 
 

2013年11月11日

借金返済35億円・矢沢永吉


矢沢永吉さんは、1998年にオーストラリアで事務所の元側近による巨額横領事件に巻き込まれ、
35億円の借金を背負うことになる。


土地取引を巡り、35億円という巨額の経済事件となったことは有名です。
この横領事件は、オーストラリアの犯罪史上2番目の被害額だそうです。


矢沢さんは、1980年代の後半にオーストラリアのスタジオビル建設を計画、用地取得した。
しかし、矢沢さん事務所の経理責任者ら2人が、矢沢さんに無断で別の事業に投資して失敗。


その結果、用地を担保として差し押さえられ、売却された。
銀行の巨額の借金は、矢沢さんが背負うことになったのである。


この事件が発覚してから矢沢さんは、6年で借金返済を完済したと報道されている。
しかし後のインタビューで、「実際は15,6年をかけて借金返済してきた」と語っている。


やっぱり、永ちゃんはすぎですよね。
ビッグ!スターですね。


普通の人なら、35億円の借金背負ったら、間違いなく倒れますよね。
自己破産・・・。



それを借金返済しちゃうんだから、凄い。。。
熱いですwww



このころの永ちゃんのライブなどみると、
なんかギラギラしてましたよね~~~。


やっぱ、永ちゃんにとっては、こんな借金問題も格好良くなってしまう。
さすがですw